医療レーザー脱毛


レーザー光線は様々あります。
その中でも黒い色素のみに集中するという特徴をもつ、特殊なレーザー光線があります。
その特殊なレーザーを照射すると、皮膚にはダメージを与えずに、毛根と毛包が焼灼され、ほぼ永久的な脱毛ができます。
毛根部分にある黒い色素(メラニン)のみを熱破壊し脱毛するのが、医療レーザー脱毛と呼ばれるものです。
日本人には表皮にもメラニン(黒い色素)が少なからず存在しているので、その点を考慮して開発されたアレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーが現時点では、最も適したレーザー光線だと言えます。
東京近郊では銀座にこういったサロンがあります。
銀座脱毛


ただし、毛が抜け落ちている休止期の毛包は、黒い色素がないので、レーザーを照射しても効果がありません。
そのような休止期の毛は、成長期になってから再度レーザーを照射すると良いようです。 

美容のためにできること

美容を保つことは、女性の永遠のテーマとも言えるかもしれません。
わたし自身は、若い頃は、さほど気にしていなかったのですが、35歳を過ぎた最近になって、とても美容を保つことに意識を注ぐようになりました。
やはり、若い頃は、特に一生懸命お手入れをしなくても、細胞が活発で、新陳代謝もよく行われて、美容が保てていたのだと思いますが、最近はとても代謝が落ちてきていることや、お肌の状態も、やはり20代の頃とは全然違うことを実感します。
このようなことは、確かにショックなことではありますが、だからこそ、これからも今の状態を保っていけるため、いつまでも若々しくあり続けるために、美容のために出来ることを日々考えて実践しています。
外から、良いとされている基礎化粧品などでお手入れすることも、とても大切です。
やはり、口コミで人気のある商品は、効果を実感しやすいものが多いようです。
それとともに、内側からも美しくなれるよう、野菜やコラーゲンを多くとるようにしています。